体験コーチング

【体験コーチングのご感想】躊躇せず行動できる自分に成長し変化したい気持ちが強くなった(栄養士 30代女性)

こんにちは、転妻キャリアコーチのきのこです。

先日コーチングを受けてくださった、栄養士のY・A様(30代女性)より体験セッション後のご感想をいただきました。

Y・A様には今後も継続セッションを通じて、理想の実現まで伴走させていただきます。

コーチングを受ける前のお悩み

  • キャリアについて(転職、今後の働き方、キャリアの理想像を明確化したい)
  • 自分のあり方について(自分の強み・価値観を言語化したい)
  • 理想の生き方について
  • 結婚について

キャリアについては、約2年前、実際に転職活動をしてみました。

カウンセリングを受けたり、面接を受けてみたりしたが、自信のなさと不安な気持ちから最終的には決断し切れず、転職活動を一旦辞めてしまった過去があります。

 

また自分のことを理解するために、思いついたこと紙に書き出してみたこともありますが、内容を見返してみると、深いところまで落とし込めていないように感じました。

内容は自分しか見ないので思うままに好きなように書けば良いのに、それをし切れていないようにも思いました。

 

自分と深くとことん向き合い内面を見つめ直し、今後の生き方やキャリアをどうしていきたいのか、どういうパートナーと出会いたいのかを言語化・整理し、前に進んでいきたいです。

自分の内面の成長にもつなげていき、自信や決断力がなくなかなか踏み出せず足踏みばかりしている今までの自分とサヨナラしたいです。

きのこのコーチングを受けたきっかけや理由、決め手

知り合いに「今後のキャリア・生き方についてどうしていきたいかを考えている。モヤモヤして同じところでずっとグルグル考えて悩んでいる。進歩がない自分からはいい加減卒業して、次に進んでいきたい。」

という話をした時に、「コーチングを受けてみたらどうか?」というアドバイスをもらい、その時にきのこさんのコーチングをおすすめしてもらいました。

プロフィールやTwitterなどを拝見し「お話しやすそうな方だな」と感じたので、今回コーチングを受けさせて頂こうと思いました。

コーチング後の気づきや変化

話の中で自分の口からよく出てきた言葉を思い返してみると、なるべくはみ出さずきちんとやらなければならないという意識が奥底にまだあること、枠の外に出ることに対しての恐怖心や躊躇が払拭できていないということに気づきました。

やってみたいことがあったり、現状のままでいたくないと思うなら自分に蓋をせず、上手くいってもいかなくてもまずはどんどん行動に移して試していかないと、という気持ちになりましたし、自分の殻を破ってできることを増やして自信をつけ、成長・変化していきたいという気持ちが強くなりました。

 

もしコーチングを受けていなければ、躊躇して行動にも移せず、気持ちも後向きになっていたと思います。

本当は現状を変えたい、自分自身変わりたいという願望があってもそれを諦めてしまい、将来が見えず楽しくワクワクする気持ちを持てず、自分の中でモヤモヤしながら変わらない日常を過ごしていくだけになっていたと思います。

きのこのコーチングをおすすめしたい人

  • やりたいことやなりたいイメージがあるけれど、自分の中でいろいろな考えや感情をグルグルさせてモヤモヤするばかりで、行動に移すのが億劫になっている方
  • やりたいことが見つかっていないけれど、現状のままでは納得がいっていないという方

 

セッション後の行動を後押しするのもコーチの役目

コーチングセッションはクライアントにとって重要な時間ですが、変化において最も大切なのは、セッション後の日常をクライアントがどう過ごすか。

クライアントがセッションでの気づきを日常における行動に変えられるよう後押しするのもコーチの役目です。

現状に満足していないけど、現状維持のままなんとなく日々を過ごしている方、変わりたくてもなかなか行動に移せない方は、コーチングを受けて行動に移し、変化を実感してみませんか?

コーチングを受けてみたい!と感じた方は、お問い合わせよりお気軽にご依頼・ご質問ください。

お問い合わせ