フリーランス

開業届って必要?フリーランス主婦が開業届のメリット・デメリットを教えます!

こんにちは!きのこです。

フリーランスの手続きについて調べてたら「開業届」って出てきたんだけど、面倒くさそうだし、なんか税金多くとられそう~

フリーランスとしての収入はまだ少ないし、働くとしても扶養の範囲内。それでも「開業届」って必要?

会社に属さず個人で働いていきたい!と思った時、やるべき手続きとして、まずはじめに出てくるのが「開業届」

でもこの手続き、面倒だし何か損しそう。できればやりたくないって思いませんか?少なくとも私はそうでした!

フリーランスとして仕事を始めた当初、「開業届」を出すと税務署に多く税金をとられるんじゃないかと思い、提出するのを渋っていました。

またひと月15,000円くらいの報酬で、稼げる見込みがなかったため、稼げるようになってからでいいかな?と思ってました。


でも今は「はじめからやっとけばよかったな~」と後悔しています。

今回は、私の体験談を元に、フリーランスとして仕事を始める際に悩むであろう、「開業届」について、提出すべき理由を解説していきます!

開業届ってどんな手続き?

個人が新しく事業を始める際に、税務署に提出して開業を宣言する手続きのことです。

原則、個人で仕事をしていくなら、開業届は必須の手続きです。

なぜなら税務署に収入についてちゃんと報告し、所得に応じて税金を納める義務があるからです。

ただ、開業届は提出しなくても、罰則はなく、確定申告をしていれば問題ありません。

 

じゃあなんで開業届を出すべきなの?

その理由についてお話していきますね。

開業届のメリット2つ

開業届のメリットは大きく分けると下記の2つです。

メリット①青色申告ができるようになり、節税できる

開業届を出すと、青色申告ができるようになります。

青色申告とは、節税ができる申告方法です。

詳しく見ていきましょう!

最大65万円の控除を受けることができる

白色申告の場合は、所得がある人なら誰にでも適用される、38万円の基礎控除のみです。

でも青色申告だと、65万円+38万円=103万円までの控除を受けることができます!

つまり、所得から経費を引いた額が、103万円までならいくら稼いでも税金はかかりません!

103万円を超えた分のみに課税されます。

 

私の初年度の報酬は60万円程度でしたが、開業届の提出が遅れたため、青色申告が出来ず、経費をやりくりして扶養内に収める必要がありました。

だから白色申告であるにもかかわらず、確定申告書類の作成が無駄に大変でした・・・。

 

赤字を翌年から最長3年間繰り越すことができる

たとえば、下記の場合を考えてみましょう。

  • 令和2年度:50万円の赤字
  • 令和3年度:150万円の黒字

この場合、令和2年度の赤字分の50万円を令和3年度の黒字分150万円からマイナスすることができるので、実質令和3年度の所得は100万円となり、課税はされません!

青色申告の節税効果は、下記の記事で詳しく説明しています。

メリット②個人事業主としての証明となる

開業届を出すことで、事業主である証明になります。

これにより下記のようなことが出来るようになります。

  • 保育園や学童を利用する場合の必要な就労証明になる
  • 小規模企業共済への加盟でき、掛け金が全額所得控除される
  • 屋号名で銀行口座を開設でき、経理が簡単になる

私の場合、保育園の申請時に自営業の証明として、開業届が必要となり、そのタイミングに急いで申請を行う羽目となりました。

きのこ
きのこ
最初から出しておけば、急ぐ必要なかったのに~

開業届のデメリット2つ

開業届のメリットは分かりました!でもデメリットもあるんでしょ?

きのこ
きのこ
今からお伝えする2つの場合にあてはまると、デメリットになります。

デメリット①健康保険の扶養から外れてしまう可能性がある

扶養内のママが開業届を出す場合、注意が必要です!

旦那さんの会社が加入している健康保険組合によっては、たとえ売上がなくても、開業届を出して個人事業主になった場合、扶養から外れてしまう場合があります。

加入中の健康保険組合によりますので、開業届を提出する前に、必ず確認するようにしてください!

デメリット②失業手当が貰えない

これは正社員やパートとして働いており、副業としてフリーランスを始める場合です。

雇用保険に加入していても、開業届を出して個人事業主になっていると、退職しても失業中とみなされず、失業手当がもらえません。

失業手当を貰いたい方は、注意してください!

開業届の作成に便利なソフト「開業freee(フリー)」

私も開業時に利用した開業freee

これを使うと、わざわざ書類を準備したり、書き方を調べなくてもあっという間に書類作成ができたので、本当にオススメです!

開業freee(フリー)とは?

【開業freee(フリー)】 とは個人事業主として開業する際に必要な書類を、無料でカンタンに作成できるオンラインサービスのことです。

 

メリット①簡単に開業書類が作れる

必要な情報をアンケート形式の画面に入力するだけで、開業書類が自動作成されます!

開業届以外の書類(青色申告承認申請書も)もまとめて一括で作成ができます。

メリット②:すべて無料で利用可能

開業freeeは全て無料で利用できます!

メリット③:オンラインでも開業届の提出ができる

e-tax(電子申告)を利用すれば、オンライン上で開業届の提出が可能です。

ICチップの付いたマイナンバーカードやICカードリーダーがあれば、書類をわざわざ印刷する必要はありません!

まとめ:フリーランスを始めるなら、開業届は早めに提出しよう!

開業届を出すメリットについてお分かりいただけでしょうか?

開業届は、たとえ今フリーランスとしての収入が少なかったとしても、損をすることはありません!

(ただ扶養内のママさんや、正社員やパートの方は注意してください!)

 

原則、開業届は開業日から2か月以内に提出する必要があります。

私は開業届の提出が遅れたため、初年度は青色申告の恩恵を受けることができませんでした。

結局保育園の申請時に必要になったため、最初から提出しておけばよかったと後悔しています。

私のようにならないよう、忘れないうちに早めに出してくださいね!